コロナ禍での当サイトの考えについて。

2020年7月24日

今回は少し真剣な内容で、
コロナ禍での当サイトの考えについて書いていきます。

新型コロナウイルスが感染拡大していて、
息苦しい日々を過ごしている人が多いと思います。

私のブログでは、
「買ってみた物を書く!」
というコンセプトでブログを書いてるので、

「こんな感染拡大してる時に買い物行くな!」
「不要不急の外出をするな!」

と思う人も多いと思います。

なので、私の考えをココに書いて、
少しでも私の考えを知ってもらえたら嬉しいです。

私の事

まず、私のコトです。

私の年齢は30代ですが、
内部障害がある「障碍者」です。
新型コロナに感染したら「重症化しやすい体質」です。

なので、健康な人よりもコロナが怖く、
「自粛しよう!」という考え方です。

それを知ってもらった上で、
私の考え方を書いていきます。


即決するために記事を書く

当サイトのコロナ禍における役割は、

「お店で即決できる判断基準になる」

という事だと思っています。

事前に情報があれば、
お店の中の滞在時間も減り、

サッと行って、
サッと買って、
サッと帰る。

これが可能になるという思いから、
ブログの更新を続けています。


買い物の時の対策

私の家の近くにコストコがあるので、
近所のスーパーとして行くのですが、

ココでかなり気をつかっているつもりです。
大きく分けて、
「時間、感染対策、健康管理」
この3点を注意しています。
それぞれを細かく書いていくとこんな感じで、

【時間帯】
・空いてる時間帯に行く。
・滞在時間をできる限り減らす。

【感染対策】
・メガネを着用する。
・マスクを着用する。
・消毒を必ず持ち歩く。
(入る前、買える時、商品を触った時にサッと使う)

【健康管理】
・「水分補給」を必ず行う
(※医学的根拠が無いという記事もありますが、念の為。)
・体温測定
・手洗いうがい

ザックリ説明していくと、
コストコは平日だと、
時間帯によって、かなり空いていて、
レジを1人も並ばず帰る場合も多いです。
フードコートも1人も並ばず買えたりします。

私は何年もコストコに通い詰めてるので、
そのタイミングを見計らって買い物に行っています。

そのため、かなり距離をあけて買い物が出来ていて、
むしろ普通のスーパーよりも、
距離をあけて買い物が出来ています。

とはいえ、長時間いることは、
私を媒介してコロナが拡大する恐れもあり、
「自分が感染源になる危険性」を考え、
店の滞在時間は10分ちょっとくらいで、
サササササ!!!っと
見渡して、爆速で帰ります。

また、混雑時は買い物を諦めています。

続いて感染対策ですが、
メガネで目の飛沫感染を防ぎ、
マスクで他の人に迷惑をかけないようにしています。
そして消毒をこまめにして、
家に帰ってからも、もちろん消毒をします。

最後に、健康管理に関してですが、

「水分補給」など、
このサイトのような内容を見て、

https://www.d-yutaka.co.jp/blog/health_and_beauty/1711cold-flu/
「20分おきの水分補給」というのを信じて、
水やお茶を飲みまくっています。

医学的な根拠は、私からは何とも言えませんが、
「できそうな事はやってみる。」
というのが私の考えです。

あと、もはや我が家では当たり前ですが、
絶対に「手洗い・うがい」をします。
コレは病弱だった子供の頃に、
主治医が、
「感染症にかかったら大変な事になる」
という説明が親にあったそうです。

その対策方法を親に刷り込まれて育ったので、
コロナ前から絶対にやっている事です。

そして、念の為、家で体温も測っています。
私が感染して、他人に迷惑をかける事は、
絶対にやってはいけないと思ってるからです。

お店で働いている従業員は、
大きなリスクを背負って仕事をしていると感じています。
私も昔、スーパーでバイトした事があるので、
今みたいな事態になったら恐怖だろうと想像しています。

だからこそ、今は、お客の立場である私は、
絶対にお店で働いてる人に迷惑かけたくない。
という思いが強いです。

おわり

こんな感じで、
たぶん、健康な人よりも気をつけてると、
自分の中では思っています。

私が最後に電車に乗ったのは2020年3月で、
その後は1回も電車も新幹線も飛行機も使ってません。
(経済的に良いのかは難しいですが。)

私の場合「体にリスクが大きい人間」なので、
感染が、かなり怖いと感じています。

今は30代ですが、恐怖感としては、
重症化リスクが高い高齢な方に近いと思います。

そして、すでに体に障害があるからこそ、
コロナの「後遺症」がものすごく怖いです。

身体障碍者という特殊な体で、
障害を持って産まれて育った自分は、
一生、障害を持ち続けて生きる辛さを、
身を持って知っているからです。

外出を自粛している人ほど、
コロナの自粛が虚しくなる時があると思います。

そして、経済的にも苦しい人も多いと思います。
お金の事情に関しては、他人事でなく、
私の家族も収入がかなり減っていますし、
私自身も収入が減ってたりします。

なので、体感的にも、
金銭的に厳しい人が多いことも感じています。

ですが、私の場合は今の所、
金銭的に困窮していません。
過去の2011年に発生した東日本大震災で、
被災地から避難してきた知人を見て、
自然の恐ろしさを感じ、
20代の頃から貯金と投資を続けてたので、
幸い金銭的な恐怖心はありません。

だからこそ、身近なお店や、ネット通販などで、
貯めて、増やしてきたお金を使うつもりです。

ですが、
コロナとの戦いは、1年以上あるはずです。

「ワクチンが完成するのに1年」と言われ、
完成したワクチンも体に害がない保証はありません。

要するに、ワクチンが完成しても、
副作用が少ないという保証が無いという理由から、
「ワクチンが怪しい・・・」
という疑心暗鬼な日が続くので、
まだまだ不安な日々は1年以上続くわけで、

さらに2年、3年と、長期戦になると予想しています。

普段はふざけた感じのブログにしていますが、
それが逆に、
コロナの感染症の危機感に真剣に向き合ってる人の心を、

「私のブログで傷つけているかもしれない」と思い、
この内容を書くことにしました。

置かれた状況、立場などによって、
様々な考えが出てくるのがコロナだと思っています。

そんな難しい状況の中で、
私の考え方を少しでも知ってもらえたら嬉しいです。

ブログ

Posted by katemita